株式会社千里屋 採用サイト

株式会社千里屋 採用サイト

STAFF

社員インタビュー

肉ビジネスに旋風を巻き起こそうと、
日々、チャレンジをし続ける千里屋の社員たちを紹介。
入社のきっかけや、実際の仕事内容、
将来の夢などを語ってもらいました。

西口佳範西口佳範

出身大学は農学部です。肉ビジネスとは畑違いの学部ですが、合同会社説明会で熱く語る亀田社長に惹かれて入社しました。
当時から、「高品質のお肉をもっと低価格で多くの人が日常的に味わえるものにしたい」「生産から販売まで一貫した肉ビジネスを展開し、肉業界を変えたい」と言っており、いま、当時の夢がまさに実現しようとしているのではないでしょうか。
入社後は外食事業部に所属。「和牛屋敷 焼肉千里屋」で接客サービス、スタッフ教育、売上の管理、販売促進の方法など商売の基本を学びました。
千里屋のいいところは、やりたいことをやらせてくれるところですね。店長としてバリバリやっていましたが、これまでやったことのない採用担当者に今年からなったのは、自分が手を挙げたから。
千里屋がめざす夢に、ともに向かってくれる人を採用し、肉ビジネスを変革するほどの人材をしっかりと育成することができたらと思っています。

西口佳範 西口佳範

亀田康平亀田康平

大学時代、将来は海外でビジネスをするために、東南アジアをバックパッカーとして旅をしました。
卒業後は、シンガポールで出会った日本企業の焼肉店の現地法人に入社。英語も話せないのに(笑)。しかしそこで唯一の日本人スタッフとして働き、外国人とコミュニケーションをとる経験をすることができました。
自分の中のビビリな部分がなくなり、アクティブでタフな人間になれたと自負しています。
海外では日本食が人気で、手間ひまかけて作られる和牛のおいしさはとても評価が高い。日本の生産者と海外をつなぐ、スケールの大きな肉ビジネスを展開できたらと思っています。
ドイツのように、お肉屋さんが高い社会的地位になるように業界をリードしていきたいですね。
採用活動にも関わる予定です。「すぐにでも海外で働きたい」という希望があればぜひ言ってほしい。お互い、夢を語り合いましょう。

亀田康平 亀田康平

針口雄太針口雄太

千里屋はとても勢いがある会社。向上心をもって努力すれば、さらに大きな可能性があると感じています。
向上心があれば、上司や先輩がとことんサポートしてくれますし、役職や責任が用意されていきます。努力が報われるのは、とてもうれしいことですよ。
自分は大の肉好き。家族にも料理をよく作ります。だから精肉知識を身につけると、仕事以外でも、いいお肉を目利きしたり、おいしい食べ方を知ることができるのがうれしいですね。
もちろん、お店や「肉フェス」で自分たちが考えたメニューや商品を喜んでいただくのはやりがいの一つです。
今後の目標は、千里屋グループ内の会社で社長になること。
大きな存在になりたいと子どもの頃から思っていましたが、千里屋で働くことでその夢に近づけています。

針口雄太 針口雄太

畠中雄平畠中雄平

いま、精肉部門の「肉工房千里屋」の各店と、外食部門の「和牛屋敷 焼肉せんりや」の統括マネージャーを担当しています。
出店が決まったとき、その店舗をゼロから立ち上げていくのが自分の役目。店長選び、店内のレイアウト決めなどを行います。
ヒト・モノ・カネについて、店長が解決できそうにないことをサポートするのも重要な役目。正直、おもしろい仕事を毎日させてもらっています。
千里屋はそれぞれの個性が集まり、使命感をもってがんばっている会社。伸びしろがあり、さらに大きい会社になると思います。
「お肉が本当においしい専門店」とお客様から支持され、来店数も毎年増えています。
社員はみんな、自分たちで目利きして、自由に数千万円分ものお肉を仕入れている。その分、自分たちの商品に自信をもって販売しています。
社員の自由度の高さが千里屋の特長のひとつでしょう。

畠中雄平 畠中雄平

ENTRY

新卒採用向けエントリー

マイナビ